遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです

レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。

 

そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。

 

福生 不動産ならおまかせ
http://www.s-h.co.jp/
福生 不動産



遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようですブログ:20 3 20

間もなく臨月を迎える嫁のウエストは、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張ったウエストを撫で回すのが、
最近のミーの楽しみと癒しとなっています。

ウエストを撫で回しながら、
嫁とお子さんのことについて話をするのもまた、
ミーにとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは嫁に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
このお子さんの遺伝子は50%がミー、50%が嫁でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
ミーと嫁の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
ミーと嫁は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、ミーや嫁ではどう頑張っても持てないものを、
このお子さんは持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
ミーの遺伝子を50%引き継いでいるということは、
ミーの親父とママの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
嫁の親父とママの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの父母の親父とママの遺伝子も引き継いでいて、
ミーと嫁それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて… 
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

このお子さんは、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。