情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります

レーシックの手術を行うのは、医師であり人間なので、どうしても多少なりの失敗を引き起こしてしまうことがあります。
しかしレーシックの手術を行った時の失敗の可能性は、通常の一般的な手術と同じで決して高いものではありません。レーシックの手術は当たり前のことですが、眼科の専門的な知識は必要となってきますが、それと同様にレーシックの手術でどれだけ実績を持っているかが重要なこととなります。
実績がともなっているクリニックの在籍をしている医師ほど、安心して手術を受けることが出来ることでしょう。

 

レーシックというのは、既に欧米におきましては10年以上の実績を誇る比較的有名な手術方法となっています。
日本国内でも多くの人が受けており、しかも国内での手術の失敗事例はこれまでに報告されていません。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。

 



情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実がありますブログ:04 7 20

結婚して数年経って、
平穏な日々を送っている今も、
わたくしにはしばしば眺めている数枚の写真があります。

それは
母親と幼いわたくしが写った数枚の記念写真。

五反田の街角で、青い染め抜きの花模様の着物を着て、
微笑む母親のそばでにっこりしているおかっぱ頭のわたくし。

どこまでも広がる黄色い菜の花畑で、
花に顔をうずめている小さなわたくしと、
それを見守る母親の優しい笑顔。

長い一本の道を、
手をつないで歩いていく母親とわたくしの後姿…

子供の頃の思い出の横にはいつも母親がいて、
わたくしはこんなにも母親に見守られて、
育まれてきたのだという実感が、いつも心を暖かくしてくれます。

でも子育てをしてみて
わたくしは初めて気がついたことがあります。

それは、
母親との思い出の数々を今日の日まで残してくれたのは、
そのフレームの中にはいないパパだったということ。

不思議なくらい、今の今まで気がつかなかった…

娘が生まれて、
わたくしがカメラを持つようになり、
アルバムを作ってみれば…

そこには、
娘を抱く主人、
娘をお風呂に入れる主人、
娘を娘寝かしつける主人…

わたくしとの写真なんてまるでなくて、
これじゃ将来うちの娘はわたくしが育児放棄をしたと思うかなぁ…なんて
苦笑いしています。

写真という記憶の不思議。
フレームに存在しないという、存在感。

「気づくのが遅くなっちゃいましたね。お父さん」

でも間に合って、よかった。
今までずっと、ありがとう…

控えめなパパの深い真心に、
わたくしは心から感謝しています。

パパのおかげで、
わたくしも母親も幸せな思い出をいつまでも
抱き続けることができるんですね。