視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。

 



視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もありますブログ:16 7 20

「首が痛い」「ひざが痛い」「腰が痛い」

これらは全て結果であり、
原因はその部分にはない場合がほとんどです。
打撲などの外傷の場合は別ですが…

ですから、原因が何かを考えずに、
痛めた部分を処置するだけでは、再発するのは当然です。

身体は、偏った使い方で酷使されると、
痛みによってその動きを制限しようとします。

痛みが出るのは、原因の部分とは限りません。
足指の歪みで首に痛みが出ることもあります。

つま先からひざ、腰、胸、首、頭…と
身体は非常に精密にできていて、
全てがつながっています。

それでは、身体に痛みが出たときは
どうすればいいのでしょうか?

身体に痛みが出た場合、
痛いところが悪いとは限りません。

しかしあたしたち人間は、
痛みがあるとすぐに解消したくなります。

確かに、早く患部の痛みが無くなった方が、
気分はよいかもしれません。

しかしいずれ、
同じことが原因で痛みが再発してしまいます。
対症療法では、「問題の解決」にはならないのです。

問題を解決するには
「正しい身体の使い方ができるようになること」
が大切なのです。

身体に何か問題が起きたら、
原因は何かを考えてみましょう。
痛みは身体からのサインなのですから…

身体の一部を酷使しませんでしたか?
長時間、正しくない姿勢で過ごしていませんでしたか?

身体の問題を原因から解決するには、時間がかかります。
身体の歪みは、その人が何十年もかけて作り上げてきた、
動きのクセの集大成なのですから、仕方ありません。

それでも
根本的な原因を解消しなければ、
快適な毎日を過ごせませんよ!