情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります

情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります



情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実がありますブログ:29 11 15


お子さんの脳は
トレーニングやお喋りや睡眠によって、
脳のシナプスを増やすことができるが、
それは常にある一定の限界を伴いながらでしか
脳のシナプスを増やせない。

例えばお子さんに早期教育を施した場合、
確かにお子さんの知能を高くすることはできるが、
早期教育を受けたお子さんたちの中から
天才など1人も出て来ていない。

理由は早すぎる教育が
逆にお子さんの脳に負担をかけてしまう…ということも考えられるが、
それと同時に早期教育では、笑いを完全に無視しているからだ。

お子さんを笑わせないからこそ、
お子さんは脳の限界を突破できないのである。

お子さんは笑うと脳が快になり、
脳の限界が突破されるという作用が働く。

解りやすい例を挙げれば、
赤ちゃんは言葉をきちんと喋れる前に笑い出すし、
笑う回数の多い赤ちゃんほど
言葉をちゃんと喋れる日が早くなるのである。

笑うことで脳の限界を突破しているので、
笑えば笑うほど、脳の限界が次々に突破されていって、
お喋りと言う高い知能を要する行為ができるようになる。

なので
育児をしているなら、
母親はとにかくお子さんを笑わした方がいいのだ。

お子さんの笑いの壺はどこにあるか解らないので、
とにかく子供と何度も会話して
笑いの壺を探り当ててしまおう!

お子さんの笑いは低レベルなものなので、
その低レベルな笑いでどんどん笑わせていけばいい。

お子さんは「ウンコネタ」が大好きなので、
この手のウンコネタを豊富に持っておくことをお勧めする。

男の子の場合は、
このお下劣な笑いを更にお下劣にしてくるので、
「そんな下品なことを言わないの!」とかいって否定するのではなく、
お子さんのお下劣な笑いに付き合って、
お子さんを笑わしてしまうことが大切なのだ。

情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります

情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ