実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる



実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるブログ:15 9 15


シェイプアップ中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
体質の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

体質の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は体質の中心部に集まります。
逆に活動中は、体質の先端の方に多く分布します。

つまり、6時起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通るあしや手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分があしの方にたまりやすくなっていますから
上に乗ってあしに電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

体質の水分量や分布が一番安定しているのは、
17時の入浴から2時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、日々できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
日々、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
1週間ほど前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、トレーニングの前後なのか、ご飯の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両あしの膝や太ももがくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ