実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる



実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるブログ:29 4 18


排便は習慣性を持つものである。

母親は9時起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
子供はそうではない。

子供には9時にウンチをすることを
母親が習慣づけてあげるからこそ、
9時の排便ができるようになるのである。

母親が子供に9時の排便を習慣づけないと、
子供は9時の排便が難しくなる。

午前中の身体は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
身体内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

身体内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
子供の免疫力は低くなってしまう…

それで
子供はたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

子供が病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらずご飯をさせていては、
子供はますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしている子供のウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘の子供に限って
子供らしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

オレは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
子供が病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎9時、
子供には排便を行わせ、
病気とは無縁の身体にしてしまおう!

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ