実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる



実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるブログ:30 10 18


娘が生まれてから8ヶ月が過ぎました。

娘が何より大好きなこと、
それは、抱っこです。

あたくしが仕事から帰り、あたくしの顔を見るや、
ニカッと顔をほころばせ、目をキラキラさせながら、
抱っこされるのを待っています。

着替えて手を洗ってから抱っこをしようと思うあたくしは、
意味がわかるのかどうかはわかりませんが、
「ちょっと待っててねー」と言いながら
自分の部屋に向かいます。

すると、
背後からは
「フンギャーッ!」という泣き声が聞こえてきます。

その声に振り返ると、
娘は何とも切なく悲しい顔で
泣いているではありませんか。

あたくしは胸がつぶれそうになりながらも、
「せめて手だけは洗わねば…」と
洗面所に向かいます。

振り返って一旦目が合ったにもかかわらず
去っていくあたくしの姿を見て、
泣き声が一段と大きくなります。

ダッシュで手を洗い、
服を脱ぎ散らかしながら娘の元に駆け付けると、
娘はあたくしの目にビシッと視線を合わせながら、
アゥアゥと喘ぎながら目に一杯涙を溜めています。

真っ赤になって目に一杯涙を溜めている娘を抱き上げると、
娘は、あたくしの腕の中に収まるまでのわずかな間に、
もう泣きやんでいます。

あたくしの腕の中であたくしの顔をじーっと見つめて
ニッコリ微笑んでいる娘の目は、
帰ってきたあたくしの姿を見つけた時と同じ目をしています。

その後は、
あたくしの眼鏡を取ろうとして阻止され、
あたくしの鼻をもぎ取ろうとして阻止され、
唇を引っ張ろうとした手をあたくしにバクッと食べられそうになって、
驚きながらもキャッキャと喜びます。

そんな娘とのやりとりの一時、
あたくしは幸せを感じます。

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ