実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる



実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるブログ:30 6 19


お父さんは私が産まれた日、
成田に出張に行っていたそうです。

小さい頃に親を亡くしたお父さんは
親になるということに、
とても強い思いを持っていたようです。

「親戚中がお前が生まれたことを祝ってくれたんだぞ」
「お前が生まれてきて、みんなすごく喜んでいたんだぞ」って
少し興奮しながら私に話してくれました。

小さい頃の私はとても神経質な赤ちゃんで
手でゆりかごをしている時はスヤスヤ寝ているのだけれど
寝たと思って、そっと布団に置くと「ギャー」っと泣き出す。

一晩中、抱いていたことが何度もあったということを教えてもらいました。
手のかかるお子さんだったみたいですね。

そして、
たくさんの思い出話を聞かせてもらった後、
最後にお父さんがこう言ったのです。

お前が生まれて来た時、こんなことを思ったんだ
「わしは親がいなくて
親がいないお子さん、親がいないお子さんと言われ続けてきた」
「だからこの子は、親がいないお子さんにはさせたくなかった」…と。

「そのためにも、これからもっと頑張ろう!」
「家族のために頑張ろう!」
そう思ったんだそうです。

その時、
お父さんは込み上げてくる思いを一生懸命抑えているようでした。
言葉では説明できない、いろんな思いが湧き上がってきたのだと思います。

お父さんはとても厳しい人でしたが、
いつも一生懸命、私を育ててくれました。
親の愛情を受けたことがないのに、私に愛情をくれました。
お父さんも母も子育てをしたことがなかったけど、
私を立派に育ててくれました。

真実の愛とは
「自分が与えてもらえなかったものを与えること」
なのかもしれませんね。
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ