人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある



人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるブログ:02 6 14


栄養バランスのとれた食事を
毎日きちんと食べましょう!

…って、よく聞きますよね?

見本の献立例を見て、
「こりゃ無理だ」と思ったり、
「これじゃあ足りないのでは?」など、
いろんな反応が返ってくると思います。

理想的と考えられる食事例を示すこと自体は有用なのですが、
どうも誤解があるんじゃないのかなぁ…と、
おいらはそんな気がするのです。

理想的な食事のモデルとして示されるような献立って、
たいてい一日分をほぼ均等に分けているんですよね。
なので、ぱっと見、学校の給食とか病院食風だったりします。

こんな理想的とされる食事を
毎日食べている方って少ないと思います。
病院に入院されている方は
毎日このような食事だと思いますが…

多くの方が
理想的な食事からかけ離れた食生活なのだとすれば、
日本の現状は相当に問題があるのでしょうか?
おいらたちは反省しないといけないのでしょうか?

これらの食事例は
なるべく多くの日本人に参考となるようつくられており、
中にはこの食事が参考にならない人も
いらっしゃるかもしれません。

それでも国からすれば
参考となるモデルを示す必要があるため作成されている…
そんな程度に考えて良いと、おいらは思っております。

生活習慣・食習慣を整える事は大切ではあるけれど、
おいらたち人間が当たり前に持つ欲求に、逆らうような努力というのは
長続きさせるのは難しいでしょう。

それぞれの栄養素は
一日毎に充足させる必要は無いのですから…
そんな画一的な栄養指導をされた場合には
ダメだしをしてあげましょう!

食事は人生の愉しみでもあることを忘れちゃいけない…と、
おいらは思うのです。


人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ