人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある



人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるブログ:04 12 17


健康維持やダイエットのためには
食べる事とトレーニングのバランスが大切ですが…

ウエストが空きすぎている時や
ウエストがいっぱいの時のトレーニングは
逆に体質に負担をかけてしまいますよ。

一般的に
食べる事はトレーニングの
2時間前にとるのが良いと言われます。

それは、空腹時のトレーニングは低血糖を起こしやすく、
満腹では胃に負担をかけたり、
逆に疲れやすくなってしまうからです。

体質によって異なりますが、
食べ物の消化吸収の時間が最低3時間といわれているため、
食後2時間経ったときには、
満腹でも空腹でもなく、血糖も程よく上がっているので
トレーニングしやすいというわけです。

とは言え、
午前中・12時・ばんによって少々異なりますし、
食べる事の2時間後に
必ずトレーニングできるとも限りません。

トレーニング前とトレーニング後では、
食べる事のとり方や目的もそれぞれ異なってきます。

トレーニング前には消化がよく、
すぐにエネルギーになりやすいものがおすすめ。
たんぱく質や脂質の多い食べる事は、
消化に時間がかかるので控えましょう。

早朝のトレーニングで時間がない場合は、
すばやくエネルギーになりやすい
バナナ、スポーツドリンク、野菜ジュース、フルーツジュースなどを
試してくださいね。

一方、トレーニングした後、
トレーニングによって消費された糖質や傷ついた筋肉を補うには、
たんぱく質を補給する必要があります。
柑橘系のフルーツはクエン酸なども含まれているため、
疲労回復にもってこいですよ。

やせたいからといって必要以上に食べる事量を減らすと、
疲労の回復は遅くなるので禁物!

また
トレーニングしたからといって
高カロリーのものを食べたり、食べる事を食べ過ぎたりすると、
逆に太ってしまいますので適量で抑えましょう。

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ