人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある



人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるブログ:12 7 15


脂肪のつき方をフルーツの形にたとえて、
ヒップやももなど
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
お腹回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的に減量ができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食事面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、チーズケーキ、おやつなど
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやごはんから食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

体操面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食事面では
ごはん、食パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、お酒は控えめに
フルーツは適正量を守りましょう。

おかずを食べてからごはんを食べるようにして、
ごはんの量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

体操面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素体操が効果的。
内臓脂肪が燃焼し、お腹回りがすっきりしますよ。

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ