目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます

目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます



目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきますブログ:12 8 15


ミーには、一人甥っ子がいます。
最近、ミーたちはとっても仲良しです。
3歳に満たない甥っ子と叔母の関係で、
仲・不仲を語るのもおかしな話かもしれませんが…

そもそも、ミーは、息子が欲しいとか、
息子が好きということをあまり実感したことがありませんでした。

お姉ちゃんが甥っ子を授かったとき、
日に日に大きくなっていくウエストを見ながら、
未知との遭遇に戸惑っていました。

ミーはまだ息子を授かったことがありませんから、
妊婦のお姉ちゃんに対してどう接していいか、
どうサポートしたらよいかも全く分からず、右往左往していました。

そういった意味では、
親父になった男性の心理に似たような感じだったのかもしれませんね。

甥っ子が生まれてからは、
どう接したらよいか分からないという戸惑いは生まれる前よりも更に増して、
遠巻きに眺めるといった感じでした。

そして、甥っ子が2歳半を過ぎたころ、
ようやくかわいさを感じる余裕がミーにでき始めたのです。

一週間前、甥っ子と2人でお留守番。
ミーが遊んでいる甥っ子を横に本を読んでいると、
相手をしてくれないと拗ねる甥っ子…

最近では、
寂しさを感じて拗ねる姿すら、かわいくて仕方ありません。

「ごめんね」といいながら、気を取り直して、
仲良く遊んでいるところにお姉ちゃんが帰ってきました。

「ビッグニュースよ、ウエストに赤ちゃんがいるって!しかも、2人!!」

それを聞いて、すごく嬉しくなりました。
生まれるのはまだまだ先だけど、居てもたってもいられず、
仲間にお知らせするミー。

甥っ子のときは未知との遭遇に戸惑いが先行していたけれど、
今回はストレートに喜んでいるミーがいました。

目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます

目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます

★メニュー

レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっている
視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう
遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです
目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます
情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいる
視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきています
人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術の最新情報ナビ