目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます

老眼というのは、一度その症状が進行をしてしまうと、二度と元には戻ることはないと思っている人が大勢います。
しかし老眼はレーシックによって元通りの視力に戻すことが出来るのです。レーシックというのは、目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます。
なので遠視だろうが近視だろうが、レーシックで元に戻すことが可能というワケです。

 

老眼はつまり遠視という状態となっているので、それは近視と同様にレーシックの手術で治療させることが可能です。
つまり遠視で悩んでいる人は、信頼出来るレーシックのクリニックに一度相談に行ってみると良いでしょう。
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

 



目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきますブログ:17 11 20

ボクのひざには、
息を殺して生き物を観察する
ムスコたちの重みが残っている。

ボクの背中には、
美しい花に感動をする
ムスコたちの鼓動が残っている。

ボクの瞳には、
星空を指差す奥さんとムスコたちの
輝きが残っている。

ボクの心には、
家族で体験した美しい自然と
楽しい思い出が残っている。

そしてそのひとつひとつが、
ボクや奥さんを成長させてくれたと感謝している。

ボクたち夫婦に、
子育ての楽しさを教えてくれた二人のムスコたちは、
千葉と千葉でそれぞれの夢に向かい、
学生生活を謳歌している。

再び二人となったボクと奥さんは、
お子様たちと暮らすことが如何に刺激的で楽しい事であるか、
ため息をつきながら話している。

ムスコたちを豊かな自然を愛する人間に育てようと、
幼いムスコたちを連れて実施する、
毎年のキャンプ旅行計画やスキー旅行計画は、
お子様たちの視線で自然を捉えるすばらしい体験となった。

仕事で疲れているから…は単なる言い訳であり、
ムスコたちのために時間をつくり出す努力が必要なことを
家族から学ぶことができた。

お子様たちとアイデアを出し合い、
採集、飼育、観察、製作、そしてそれぞれをまとめることも、
楽しい家族の時間となった。

家の中を占領する多数の飼育ケースに、
飼育の不備を指摘する奥さんの目は笑っていた。

日々の生活において、
常にお子様の感性を刺激することが重要であり、
共に家族が成長する機会になることを体験できた。

ボクたちがお子様の時に日々出会っていた、
ドキドキやワクワクが子育てにはいっぱいあり、
お子様たちと一緒に学ぶことができた。