まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。

 



まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのですブログ:12 5 20

あたしの妻のからだに新しい命が授かってから
もうすでに臨月に入り、
いつ生まれてもおかしくない状況にあります。

すでに我が家は、
いつお子様が生まれてくれてもいいように、
臨戦態勢に入っております。

さてさて、
MAXにウエストが大きくなっているあたしの妻…
動くのも一苦労のようです。

「ふぅ…ふぅ…」

でも、2歳の男の子こうちゃんは、
そんな妻の状況を理解できず、
「遊そぼ!」「抱っこ!!」とダダをこねます。

そこで、妻は男の子に言います。

「ごめんね。ママは、いまウエストの中に、
こうちゃんの妹がいるから、抱っこしてあげられないの。
妹が生まれてきたら、また一緒に遊ぼうね」

男の子は、なにかを理解したのか、
妻のウエストをナデナデしました。

それからというもの、
男の子は、妻に抱っこを求めたり、
無理に遊ぶことを求めたりしなくなりました。

妻が洗濯物を干すとなると、
男の子は洗濯物を持ってくれます。
妻が床拭きをはじめると、
男の子も同じように床を拭いてくれます。

見よう見まねですが、
男の子なりに妻のお手伝いをしているのです。

一週間位前、妻を追いかけて走った男の子が、
おもいっきりつまづいてこけてしまいました。

すぅ〜と立ち上がった男の子は、
痛かったのか、恥ずかしかったのか、目に涙をいっぱいためて、
下唇が上唇にかぶせて、泣くのをジッと我慢してました。

妻は、ゆっくりとこしをかがめて、
男の子の目線で優しくこう言いました。

「大丈夫?痛かったね。我慢しなくていいのよ。泣いてもいいのよ」

男の子は大きくゆっくりとうなづいて、大きな声で泣きました。
そして、抱きしめられたその顔は、
だんだんと安堵の表情になっていきました。